パチンコの回転率の計算について

ボーダーラインの項にも記したとおり、「回転率」というのは1000円当たりの回転数の平均の事を言います。ボーダーラインと比較する為にも、きちんと台の回転率を把握する必要があります。ここでは、回転率を普段の立ち回り方の中でどのように計算するかを記します。

回転率は先述したとおり、1000円での回転数の平均となりますので、例えば10000円使って250回転した時、250÷10=25回が回転率となります。

もちろん、回転ムラなどを考慮しなければならないので、あくまでもその時点で回転率であって試行回数を増やせば増やすほど、台の回転率は精確に割り出すことができます。一般的には、トータル確率分まで回転させれば、その台のおおよその回転率は算出できます。

数字化して把握する事が勝ちへの一歩!

現金でパチンコを打っている段階であれば、1000円当たりの回転数を割り出すのに苦労はしませんが、大当たりした後の持ち玉で遊戯している時の回転率というのはなかなか分かりづらいものがあると思います。こういった時は、一箱あたりにどれくらい回るかで回転率を算出します。

一箱あたりというと、その人の玉の詰め方などにもよりますがおよそ通常のミドルスペックのデジパチの大当たり一回分に相当します。雑誌などによって記載されている台の大当たりした際の最大出玉数に、貸し玉1玉あたりの金額の4円をかけて金額に直して考えます。

例えば、1回の獲得出玉1400玉の台であれば、1400×4で5600円分の出玉を獲得したことになります。そして、一箱で回転した回転数をこの一箱分の金額分で割れば、持ち玉遊戯時でも確認できる1000円当たりの回転数を判断する事が出来ます。

最終的にデータとして回転率を残す場合は、投資額、大当たり一回分の出玉数、大当たり回数、獲得出玉数、通常時の総回転数から信頼しうる数字を割り出すことができます。計算式としては、以下の手順です。

一、(投資額÷4+大当たり一回分の出玉数×大当たり回数)-獲得出玉数=1日打ちこんだ総玉数
二、1日打った総玉数×4=現金として換算した数字
三、通常時の総回転数÷(現金として換算した数字÷1,000)=回転率

ボーダーラインを意識するという事は、同時に回転率をも意識するという事になります。回る回らないを感覚的なものだけで判断せず、きちんと数字として把握する事は、勝つためのパチンコをする上で重要です。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ