パチンコのボーダー理論について?

昔からオカルトも含めて様々な「パチンコで勝つための理論」が展開されてきましたが、現在もっとも有名で、且つ立証されている方法論として「ボーダー理論」というものがあります。

パチンコにおけるボーダー(ライン)とは、損益分岐点の事を指し、1000円あたりに何回転以上する台であれば収支がプラスに収束するかという考え方で、パチンコに親しみのある方は耳にしたことぐらいあるかも知れません。それぐらい有名ではありますが、なかなか実践につなげている人は少ないのではないでしょうか。

もちろんこれは方法論の一つであって必勝法ではありませんが、勝つパチンコをする為の大前提といっても言い過ぎではないほど、実践において意味のある方法です。

ボーダーラインを把握し、実戦での臨機応変な対応が必要

まず、簡単な1000円あたりのボーダーラインを算出する式ですが、以下のようになります。

1000円あたりのボーダーライン=大当たり確率分母/(平均出玉数/250)

250という数字は、貸し玉4円の場合、1000円で借りられる玉数からきています。実際は、この式に加え、店の換金率や持ち玉遊戯の有無、確変率、時短数での引き戻し率など、実践のデータを交えながらより複雑な計算式になるのですが、ベースとなる考え方は上記のとおりです。台ごと・店ごとのボーダーラインの把握が、勝つための指標になります。

ただし、パチンコの性質上、ボーダーライン以上の回転を誇る台でも大当たり確率分母の3倍程度ハマるなんて事も当然あり得ます。更に、単純に回転数が高くても釘の妙で大当たり時の出玉数が異様に少なかったり、時短中にスルーに入らずどんどん玉が減っていくような台もザラにあります。

このように理屈と実戦の場では少なからずギャップがありますので、ボーダーラインを把握し、且つ実戦での臨機応変な対応が出来るかどうかが重要になります。

勝ちを意識した立ち回り方をする為にも、ボーダーラインを念頭に置きながら実戦で多く経験を積みましょう。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ