気まずかった台トラブル

これは、非常に気まずかったです。私の店では、朝に、掃除の業者が入るんですが、そのときにセル版(台の釘を打っている板)の掃除もしてもらっているのですが、この日はどうも掃除業者に新人さんがいたみたいで、すんごいことをしてくれました。

機種はぱちんこウルトラセブンだったんですが、この台、大当たり確率が非常に辛く、爆発力のある台で、いわゆる「香ばしい」お客様の巣窟でした。朝イチランプを付けられ、行って見ると、信じられない光景が・・・。なんと、命釘の上に玉が載っているのです・・・。

掃除業者にはご用心!?

もう何ていっていいか分からず、お客さんに、「ありえませんね」と言ってしまいました(笑)「きっとセル版を掃除してるときに、タオルかなんかがひっかかって、釘を触ってしまったものだと思います・・・。」と正直にお話して、平謝りして1000円分の玉をお返しして、隣の台に移ってもらうことに。

しかし隣の台を見て、血の気が引きました。なんと、命釘の隙間が無いんです・・・閉じてしまってるんです・・・。もうね、その瞬間帰りたかったですよ。田舎に。よくよくみると、島1列のほとんどが釘曲がってて、心の中で、「ドラえもーん」と叫んでました。

香ばしいお客様も、非常に香ばしくなっていて「詐欺だこんなん!」と怒鳴りまくってます・・・。とにかく騒いでるもので、事務所にお連れして2時間ほど謝って、なんとかお帰りいただいたのですが、掃除業者・・許せませんね(笑)

とりあえず、その日は、1列島封鎖して、閉店後に釘調整して・・・。もう最悪でした。

気をつけよう 永遠に当たらない台 命、短し・・・。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ