パチンコ店員の日常って一体?

パチンコ店員の日常って一体?では、ホールで働いていた頃、日常どんなことをしていたのか?そしてどんな出来事があったのか?について話します。

とくに深く心に残っているのは面接ですね・・。とにかくいろんな方と面接をしてきました。かなり個性的な人が多かったように思います。またこだわりのBGMや遭遇したトラブルなどなど・・。業界で働きたい方は必見です!


パチンコ屋で働くということ
私はアルバイトから合わせると、合計7年ほどパチ屋で働いていました。はじめに選んだ理由は、当時学生で、「時給が高いから」といった単純な理由でした。だがしかしパチ屋で働くと、パチ屋に還元するお金もうなぎ上りに・・

・・続きを読む


面接での出来事その1
「パチンコ屋は、常に人手がたりません!」と言っても過言ではないくらい、人の入れ替えが多いです。うちも例外ではなく、即トビの人間から、2~3ヶ月でやめてしまう者までが盛りだくさんで、安定している期間ってのは・・

・・続きを読む


面接での出来事その2
いやいや、いるもんなんですよ!呆気にとられるような面接希望者って!自分は、見た目とかは多少派手でも、礼儀正しくて、元気な子であれば、全然問題なく採用していたのですが・・

・・続きを読む


面接での出来事その3
面接ネタ、書き出したら意外とあるもので、性懲りも無く紹介しちゃいます!この件は、面接者だけじゃなくて、私も、悪かったといえば悪かったんですけどね・・

・・続きを読む


盗撮ヤロー登場!
これは、ホール勤務しているときのお話です。私が島の巡回をしていると、なにやらやたらと目が合うおじさん発見!最初のうちは目が合うたびに、ペコリとお辞儀をしていましたが・・

・・続きを読む


余り玉が・・・
当時、大阪は特殊景品の最小金額が、500円でした(一部例外あり)。500円ということは、うちは42個交換(恥ずかしい)でしたので、210個に満たない場合、余り玉として強制的にお菓子またはタバコに交換なのです(笑)・・

・・続きを読む


気まずかった台トラブル
これは、非常に気まずかったです。私の店では、朝に、掃除の業者が入るんですが、そのときにセル版(台の釘を打っている板)の掃除もしてもらっているのですが・・

・・続きを読む


店内BGMへのこだわり
私は、自分が打ちに行くと、その店でかかっているBGMをすごく気にしてしまいます。もちろん、台の音がうるさくて、はっきりと聞こえないことが多いんですが、ふとしたときに・・

・・続きを読む

このページの先頭へ