トータル確率について

トータル確率とは、確変時や時短中の継続率を加味した通常時の大当たり確率の事を言います。別の言い方をすると、その台を1回大当たりする為に必要な通常時の回転数を算出したものです。

これはボーダーラインと同じく、理論的なパチンコの勝ち方をする上で重要な要素です。トータル確率については、換金率や回転率をはじめた釘の状況で変化するボーダーラインとは違い、機種ごとに定まっています。

多くの試行で判断した方が無難

計算式としては、大当たり確率×(1÷平均継続回数)といたって明快です。このトータル確率を利用した実践は、パチンコで立ち回る時にとても有効です。たとえば、その台の1回の大当たりで獲得できる出玉分で、トータル確率分まで回したとして、その時の差玉が理論上あなたがその台で勝った玉数です。その店の換金率をかけてあげれば勝ち金額も算出できます。最初の出玉分でトータル確率分まで回せなければ、理論上負ける台という事になります。

先ほどの計算で残玉数が300で換金率が3円の場合、300×3=900、トータル確率分回すたびに900円勝っている事になります。また、トータル確率100の台で1000回転指せることができるのであれば、その10倍という事で計算上9000円の勝ちとなります。

ボーダーラインに比べて、打つべきか台かそうでない台かの判定は単純ではあります。ただし、ボーダーライン同様にこれはあくまでも理屈の上での話なので、回転させている間全く当たりを引けない事も考慮して下さい。

また、パチンコの台というのはおうおうにして回りムラというものがあり、瞬間的に回転率が大きくブレる現象が多々あります。なので、一度だけで台の良し悪しを決めず、可能な限り多くの試行で判断した方が良いでしょう。

ボーダーラインとはつまり、獲得出玉数とトータル確率を割って算出した数値です。まずは台のトータル確率を念頭に入れ、ボーダーラインを意識した立ち回り方で、パチンコでの勝率は断然上がるはずです。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ