パチンコにおけるオカルト理論

パチンコだけで年収500万円ですとか、必ず数回転で当たる必勝法だとかの有象無象の有料商材は別として、ちまたには理論的ではない、いわゆるオカルト理論でパチンコを楽しむ方が多くいらっしゃいます。

ボーダー理論のような理にかなった方法とは逆に位置する理論です。(理にかなっているわけではないので理論とは呼べませんが、便宜的に理論と書かせて頂きます。)たいがいが、過去の経験や台のデータを参考に、「台の好調不調」を判断するというやり方です。

自分が楽しければオカルトもアリ!

たとえば、時間帯による攻略。午前中が出やすい、午後が出やすい、夕方以降が出やすいなどなどパターンは様々です。潜伏確変仕様の機種であれば、朝早く行き確変状態のものを見つけるのは有効かも知れません。

次によくあるパターンがいわゆるハマり台、あるいは特定の機種の当たりやすい回転数のゾーンを狙うというものがあります。現在のパチンコ台は完全確率方式でなければ検定に通らずホールにも設置されない為、これは完全なるデマといって良いでしょう。

あとは、ここ数年でよくあるボタン付きのパチンコ台で、連打、あるいは特定の画面の時に数回プッシュすると、○○回転以内に大当たりが引けるなどといったもの。パチンコ台に供えられたプッシュボタンはあくまでも演出を楽しむためのものなので、いくら連打してもスタートチャッカーに玉が入って抽選された後では結果は左右されません。

同様に、デジパチにおいては台をたたいたりするのも全く意味を持ちません。羽根物であれば役物に入った瞬間にVゾーンを狙って叩くなどは確かに意味はありますが、周りのお客さんに迷惑な上にすべてのホールで台叩きは禁止です。台叩きは、最悪の場合、警察に通報されかねないので絶対に止めましょう・・。

個人的にオカルト理論は信用していませんが、自分だけのささやかな楽しみという意味ではアリだと考えています。但し、自分なりのオカルトを他人に押し付けることは避けましょう。

私は勝つこと以上に楽しむことがパチンコの本流と考えています。もちろん、遊戯中いくら楽しくても、帰る時に財布が空っぽの状態というのは全く楽しい事ではありませんが・・・。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ