私のパチンコライフ・・きっかけ編

今回は、私のドキドキ初打ち体験のお話でも・・・初めて打った台は今でも覚えてる、あの台(笑)
現金機:加トちゃんワールド
スペック:大当たり確率 1/67 5R9C
平均出玉 600個

この台ご存知の方っていますかね?なつかしいなぁ~と思ってくれている人もいるかな?

今こそ定着してますが、当時は希少だったいわゆる甘デジタイプですね。これがまた、あたるあたる(笑)リーチ演出等は、今の機種から考えたら、考えれないくらい少ないですが、ノーマルでも結構当たるし、なにより、よく勝ててました。

こんな感じでハマりました!

大当たり確率が激甘なんで、保留玉で連チャンすることもよくありますし、出玉こそ少ないものの、エキサイティングに楽しめる部分は結構ありました。特に、リーチ後に劇場に入っていった(チョッとだけよリーチ発展)瞬間がいつも「ドッキドキ俺タイム」でした(笑)パチンコ打ってて、「こりゃ当たったな」って思う瞬間って、中毒性がありますよね!

10万コースとかいわゆる大勝はすることはできませんが、学生だったあの頃にとって、2000~3000円勝つだけでも、ウハウハできてましたので遊んでお金が少なくなったら500円玉5枚ほど握り締めて打ちにいってましたね。

・・・とまぁ、自分がパチンコをするきっかけとしてはこんな感じでしたね。このあと、モンスターハウスにハマリ、スロットにハマリ・・・着実にパチンコヲタクの道をまっしぐらに進んでいくことになりましたけどね(笑)

でも、パチンコが好きで打っている友人や、仲良くなったホールの常連さんとかと、台のうんちくやオカルトちっくな話をするのも好きで、まず、自分が話の掴みとして、いつも聞いていたのがタイトルにあるとおり、「パチンコにハマッたきっかけの台ってなんですか?」なんです^^

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ