新台入れ替えの台数

今は、少し落ち着いてきているみたいですが、新台入れ替えをする際に、「一挙○○台大量導入!」などといった、あからさまに「これいれすぎやろ!」といった台数を入れてくることがありますよね。これ、実はメーカーの陰謀(?)なんです。

様々な事情・・・

私がまだホールで働いていたころは、とある中村さんの台や、とあるマリンさまの台などを筆頭に、ビッグタイトルをホールに入れようと思ったら、新台発売1週目に導入の際は、50台以上!とか、台数縛りがありましてですね、要するに、ほかの店より早くいれたかったら、たくさん買え!的な状況だったんですよね。

しかも、枠がどんどんきらびやかに、液晶はどんどん大きく・・・もちろん新台の値段もとびきりうなぎのぼりで高くなっていってましたねぇ。

ちなみに、パチンコ台、1台30万前後です。それを一気に50台買えって、単純に見積もっても、1500万とか・・どう考えても、新台絶好調!バリバリだしまっせ!ってオーラがしないです(笑)

ですので、大量導入の際は、中には、この店、やる気満々じゃないか!と思われる人もいるでしょうが、実際の理由は、そういったことが多いので、過度に期待せず冷静に、様子見から入った方が賢いかもしれませんね。

少し冷静に考えてみると、そんな大量に入れて、新台をバリバリだしてしまったら数が多いだけに、赤字がえらいことになってしまい、しわ寄せが後日「激締め」といった形でみなさんに帰ってくるでしょう(オオコワイ)

私は新台第一主義の、何でもTOP導入だぜ!ってお店よりも、数は少なくても、時期は遅くても、入れた台を即回収にまわすのではなく、大切に扱ってくれそうなお店のほうが好きですね。この新台の頻繁な入れ替えによって、面白いのに、もう店からはずされてしまう隠れた(?)名機も数多く、悔やまれることも多いでしょう。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ