ボーダー理論の罠

パチンコの雑誌等の基本データとして、よくみかけるこの「ボーダー」というもの。要するに、千円で何回回れば、1日稼動させたときに期待値がプラスになるラインというもの。でも、ボーダーしかみていないと、痛い目にあいます。

スタートチャッカーに入る個数は、非常に重要です。それはもちろん、スタートチャッカーに入らないと、抽選させない=大当たりが引けないので、そういえます。

でも、お店は、あの手この手を使って、「この台はお宝台だぜ」と思わせてきます。イベントコーナーの台が全台、1000円あたりの回転数がボーダーをふりきっていても、店側としては、べつの所で帳尻を合わせてきます。それは変中ベース(確率変動中の玉の減り具合)や大当たりの出玉カットです。

私のやり方は・・・?

ただでさえ、今のフィーバー機は出玉が少ないのに、さらにカットされると、いかに1000円あたりでの回転数がボーダーを上回っていても、長いスパンでみれば結局、期待値通りにはいかないですし、確率変動中に出玉が減っていくなんて、本当にストレスがたまります。

なので、私は、まず、1000円でよく回る台を探し、大当たりして、玉を持ったらスルーチャッカーや、アタッカーの釘のいい台を探しながら流し打ちをして、平均的に上向きの台がみつかれば、粘り、なければ、おとなしく換金して帰るようにしています(せこい・・)

「あそこの台はよくまわる!」と聞いて、本当によくまわったからといって、一日中打つのは、少々危険ですので、やっぱり釘は要チェックですね!

特に、昔と違って最近の台はスタートチャッカーの賞球が3個ですので、確率変動中の玉持ちは、非常に重要です!

お店も、まず、そこから調整入れてくるところが、多いんじゃないかな?と私は感じます。どこかを伸ばせば、どこかで叩かれる・・・。人生、パチンコのようなものですね。

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ