低換金率でもいい店はある

パチンコ屋を選ぶ際、まず気にするのが、換金率!といった人も多いでしょう。でも、換金率だけで選ぶと、1000円で10回もまわらねぇ!とか痛い目にあうことも多いはず・・・。

低換金率には、低換金のよさがある!と自分は思います。
※あくまで、自分が勤務していた店の話です。参考程度にお読みください。

金額の割には長い時間遊べるのがメリット

自分が働いていた店は、駅前型中型店(300台程度)で、稼働率は夕方からメインで平均45%程度のお店でした。換金率はパチンコ42玉(なんという低換金)(笑)スロットが6枚でしたね。見ての通り換金率が低く、お客様によっては相手にされない方もいらっしゃるでしょう。

しかし年齢層が、午前中は高齢層の方が多く、夕方以降のメイン時間はサラリーマンの方がおおかったのです。もちろん、サラリーマンは、「勝負する時間が限られているので(短いので)高換金率の所で短時間で大勝したい」と思う人が多かったのも事実です。

ただ、店のコンセプトとして、何度もきてほしい、ゆっくり遊んでほしいというのがあったので、あえて、周りの高換金率化の流れに逆らった営業でした。

メリットとしては、低換金の分、出玉を削らなくてもよい、スタートが高くできる(よくまわせる)といったところで、時間当たりのお金の消費量を最大限減らす営業ができることですね^^

換金ギャップで「がっかり・・・これがA店(他店)だったらなぁ」といわれるお客様ももちろんいますが、「ここは、金額の割には長い時間遊べる」と言ってくださる方も多く、好評だったといえるでしょう。

中にはこういった店もあるので、換金率を見て、パス・・・ってなる前に、一度そのお店で打ってみてはいかがでしょうか?1パチや5スロが流行る今、意外とホームグランドになるかもしれませんよ^^

■僕がパチンコ、パチスロで月10万円を稼げるようになった方法はこちら!

パチプロ&スロプロ育成プログラム
本気で勝ちたい方に超オススメ!

このページの先頭へ